対象店舗に取材!ズバリ、宮城米の魅力って?

数あるお米の品種の中で
どうして宮城のお米を使っているの?
お店として大切にしていることは?
本キャンペーンの対象店舗に取材しました!
気になったらぜひ足を運んでみてください!
FILE.1
篝火の湯 緑水亭
宮城米を使用している理由は?
宮城を代表する観光・温泉地として、お客様にお出しする食材は地産地消と旬の厳選素材にこだわっています。宮城米を選び、使用している一番の理由は、“宮城のお米をPRしたいから”です。「地のもの、旬のものを取り入れ、食材を最大限に生かした料理でおもてなし」という、緑水亭のこだわりにぴったりだと思っています。
秋保米(ひとめぼれ)と相性の良い料理は?
緑水亭は、季節の移ろいを旬の素材に織り交ぜ、目と舌でご堪能いただける彩り豊かな料理をご用意しております。創業時から宮城米で、現在使用している秋保米(ひとめぼれ)はちょうどいい粘り気で、和食はもちろん、どんな料理とも相性が本当に良く料理自体を引き立ててくれます。
旅館としてこだわっていること、大切にしていることは?
旅館ですので、やはり“お客様のスタイルに合った様々なおもてなし”で、ゆったりくつろいでいただけることを大切にしています。特にお食事については、調理長こだわりの厳選素材、自然に囲まれた緑水亭の移りゆく四季の魅力を凝縮した庭園で採れた、たけのこや季節の山菜が彩りを添えます。ぜひ、緑水亭が自信を持ってご提供する四季の味を味わいに来てください。

篝火の湯 緑水亭

宮城県仙台市太白区秋保町湯元上原27

  • 秋保米(ひとめぼれ)
  • みやこがねもち
FILE.2
家族弁当
宮城米を使用している理由は?
家族弁当には、お弁当配達のお客さまが数多くいらっしゃいます。お客さまというのは、おいしかったらそれだけでなんべんも注文してくれるものです。でも、365日、いつもと変わらないおいしさを提供し続けなければ、違和感を敏感に感じとって、すぐに離れてしまいます。弁当のごはんは、味が安定している品種でなければ務まりません。だからこそ、おいしさや品質が一定で優れている宮城のひとめぼれを使用しています。おいしいごはんを追究し、試行錯誤の末、現在は宮城のお米と奈良のお米をブレンドしたものを提供しています。
家族弁当のお弁当の魅力は?
手づくりの味を大切にしながら、栄養バランスに気を使ったヘルシー・スタミナ満点のお弁当を用意しております。日替わり弁当や懐石弁当などの出前、企業の給食など宅配サービスをしていますが、どんなおかずにも合うのがひとめぼれの魅力。大手ゼネコン企業などから注文を受け、工事現場にお弁当を配達することも多いですが、とても喜んでいただいておりますよ。もうずいぶん長くお付き合いいただいているところも増えてきました。遠く離れた大阪の地でも、多くの方が毎日味わい、精をつけ、元気にしている宮城米。日本を代表するお米ですね。

家族弁当

大阪府柏原市国分本町2-7-15

  • ひとめぼれ
FILE.3
農家イタリアン 米屋十米衛
宮城米を使用している理由は?
当店は “地産地消にこだわったイタリアン”がコンセプトで、地産の宮城米を使っています。経営母体が農機具販売の企業ということもあり、地元の農産物には詳しく、いろんな農家さんとのつながりがあります。地産の食材を提供しながら農家さんを応援したい!という想いがあります。
どんな宮城米を提供していますか?
当店の看板メニュー&オススメメニューが金のいぶきを使ったリゾットで、種類もたくさんあります。今は「はらこのリゾット」や「せり と かきのリゾット」など、旬を大切にしたメニューを提供しています。白米はひとめぼれやだて正夢を使っていて、それぞれの品種の味わいを生かしたいと思い、メニューごとに使い分けています。
レストランとしてこだわっていること、大切にしていることは?
お子様連れ・家族連れの方が多いので、席の間隔に気をつけるなど、気持ちよくご利用いただけるよう心がけています。元々、お店をオープンする際に「家族連れでも気軽に楽しめるイタリアンにしよう!」と話をしていました。誕生日や記念日などに利用されるお客さまも多いです。小さいお子様からご高齢の方まで、皆さんが安心してお食事できる、そして、楽しんでいただける空間づくりに努めています。

農家イタリアン 米屋十米衛

宮城県仙台市若林区清水小路1-6

  • ひとめぼれ
  • だて正夢
  • 金のいぶき
FILE.4
鷹泉閣 岩松旅館
宮城米の提供でこだわっていることとは?
毎年、新米の時期になると従業員で宮城米の食べ比べ投票を行い、提供するメニューとの相性を考慮しながら投票数の多い品種を使っています。ここ10数年はそうやって使う宮城米を決めていますね。今年はひとめぼれです!
ひとめぼれの特長は?
宮城米にはいろんな品種がありますが、特にひとめぼれは、甘みがあってほどよい粘り・モチモチ感もあること。肉料理にも魚料理にも合うと思っています。宮城県には海も、山も、里のものもおいしくて有名なものがそろっていますが、ひとめぼれはどれも相性が良く、オールジャンルのお米です。
旅館としてこだわっていること、大切にしていることは?
宮城県産をはじめ、東北の食材を使うことですね。野菜は宮城県産が中心ですが、お肉は仙台牛や山形牛を提供しています。ウェルカムドリンクと一緒にお出しするお菓子も仙台コロンバンと、ちょっとしたものでも地元のものにこだわっています。お客さまに喜んでもらえるように、日々工夫をしています。

鷹泉閣 岩松旅館

宮城県仙台市青葉区作並字元木16

  • ひとめぼれ
FILE.5
横浜ベイホテル東急
ホテルを代表して、
中国料理 「スーツァンレストラン陳」
さんに取材しました。
ひとめぼれを使用している理由は?
横浜ベイホテル東急では、中国料理「スーツァンレストラン陳」、フランス料理「クイーン・アリス」、オールデイダイニング「カフェ トスカ」の3つのレストランで宮城のひとめぼれを提供しています。「カフェ トスカ」で使用しはじめたことがきっかけで、ひとめぼれのほどよい粘り、心地よくほどけるやわらかな食感がとても気に入りました。お客さまにはできる限り、炊きたてを味わっていただけるように努めています。
ひとめぼれと相性のよいメニューとは?
中国料理でいえば、チャーハンやマーボー豆腐などが特に相性が良いです。ひとめぼれは、粘り・つや・うまみの“バランスの良さ”が特長のお米です。さまざまなジャンルや国の料理にも合わせやすいと思います。
お店としてこだわっていること、大切にしていることは?
国内外の季節の食材を用いて、古き良き伝統を守りつつ、新しいスタイルの中国料理を一品一品、丁寧にお届けしたいと思います。すべてに感謝を忘れず、「スーツァンレストラン陳」の料理を通じて、お客さま、生産者の皆さん、そしてスタッフとのコ ミュニケーションを交え、笑顔になってもらえるホスピタリティ溢れるレストランを目指しています。

横浜ベイホテル東急

神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-7

  • ひとめぼれ
FILE.6
うなぎ竹亭
ひとめぼれを使用している理由は?
適度な弾力ですね。そして色味もいいので、重箱や丼ぶりで提供するわたしたちうなぎ専門店には欠かせない存在です。当店のうなぎのたれは江戸前の製法を踏襲し、甘みを控えたあっさりした味ですが、ひとめぼれはとても相性が良いのです。
宮城米を使用し始めたきっかけは?
宮城は歴史ある米どころで、お米がそもそも美味しいですよね。わたしたちも創業時から宮城米を使っています。ひとめぼれと一番相性が良いのはもちろん、うなぎと思いますが、当店では他にもお刺身や天ぷら、定食、天丼とあり、これらはうなぎのたれとまた違うたれを使っているのですが、そういうものともひとめぼれは相性がいい。お刺身だったらお刺身そのものの味を邪魔しない、引き立てる、という役割を果たしてくれますね。また、生産者の方にも少なからず知り合いがいるので、やっぱり地元を応援したい気持ちもあります。
お店としてこだわっていること、大切にしていることは?
良い食材を仕入れるために、できるかぎり生産者の方と顔を合わせて取引しています。あと市場に足を運んでいろいろ見て、旬の素材、新鮮なものを選んで提供しています。特に宮城県内産の食材というのは、多く使わせていただいています。和食の伝統を守りつつ、常に新しい素材や調理法を取り入れ、日本料理の発展に努めています。

うなぎ竹亭

本店
中山店
大和別邸

  • ひとめぼれ
FILE.7
味の牛たん喜助
宮城米を使用している理由は?
味の牛たん喜助を運営するわたしたち㈱喜助は、2025年に創業50周年を迎えます。牛たんを初めて「仙台名物」と看板に銘打ち、全国に広げてきました。「仙台名物牛たん」発祥の店として、また、SDGsの取り組みの一つとして、宮城米を使用。創業当時より地元と共に歩むことを信条としており、近年までササニシキを使用していたと聞いています。14、5年ほど前から大麦をブレンドした麦飯の食感にこだわり、宮城県産ひとめぼれを100%使用しています。宮城米が高い品質で美味しいということは、全国的に長年使用され、信頼されているという事実が裏づけていると思います。
宮城米とお店のメニューの相性は?
牛たん焼定食は皆様から愛されて続けてきました。定食は牛たん焼きのみならず、麦飯、テールスープ、おしんこ、味噌南蛮が定番です。このいわば“仙台流の定番スタイル”の麦飯に、宮城県産のお米は、これからも欠かせない存在です。
牛たん屋としてこだわっていることは?
昔ながらの、職人の手仕込による味付けにこだわった牛たんをつくり続けてきました。当社は、牛たんを丸ごと、いろんなお料理で余すことなくご提供してこそ「仙台名物」と言えると考えています。そのため、定食のみならず、さまざまなお料理やお土産品で新しい牛たん料理を生み出し、ますます「仙台名物牛たん」が広がっていくことを目指しています。

味の牛たん喜助

<対象店舗>
JR仙台駅店
エスパル店
グランツリー武蔵小杉店
ルミネ池袋店
駅前中央本店
横浜ランドマーク店
泉中央駅店
大阪うめきた店
東京駅八重洲北口店
東京丸の内パークビル店
南町通店
名古屋店

  • ひとめぼれ